お電話でのお問い合わせはこちら電話する

プロは車のファブリックシート洗浄に重曹を使わない

車内クリーニングのプロが重曹を使わない理由は、以下のようなものがあります。

  1. 重曹はシートの繊維に粉が残りやすく、乾燥すると白い跡がついてしまうことがあります。これは見た目が悪くなるだけでなく、粉が空気中に舞って呼吸器に影響を与える可能性もあります。
  2. 重曹は本革やゴムなどの素材にダメージを与えることがあります。特に本革は油分を失って硬くなったり、色が変わったりする恐れがあります。
  3. 重曹は電子機器や液晶画面にも使用できません。重曹が内部に侵入したり、表面に付着したりすると、故障やショートの原因になることがあります。

以上のように、重曹は車内クリーニングには向いていないと言えます。車内クリーニングのプロは、車内の素材や汚れの種類に合わせて、専用の洗剤や機器を使ってクリーニングを行います。

アルカリ電解水は重曹を使うよりも、効果的で安全な方法です。1と2については重曹同様なので使用する場合は注意が必要です。😊

車内クリーニングに関するコラム

こちらではメインページとは違う視点で車内クリーニングを考えてみます。

目次